[ジルバーマンピアノレクチャー企画] 池袋 14/07/06

フォルテピアノのレクチャー企画のご案内です。

今年生誕300年のメモリアルイヤーを迎えるCPEバッハ時代の代表的な
ピアノと言うべきジルバーマンピアノ、父のJSバッハとの関わりでも有名
ですし、最近の研究では若きモーツァルトが演奏していたピアノはこの
モデルだったのでは?との議論も起こっており、実はバッハからモーツァルト
までをつなぐ「18世紀を代表するピアノ」だったのではという言い方も出来る
興味深い楽器であります。
このジルバーマンピアノを日本で唯一所有する武久源造氏の楽器をお借り
して色々なアプローチで皆さんと一緒に味わい尽くそうというイベントを下記
のように企画いたしました。
ちなみに音響素晴らしい重要文化財・明日館講堂がまもなく耐震工事の為
長期閉鎖となる予定です。
残り少ない古楽器演奏の機会を是非お聴き逃しなく!
7月6日(日) 19時(18時半開場) 
    「初めて触る、バッハのピアノ」
  ~バッハの初体験を追体験出来るか?~
 会場 自由学園明日館講堂(銀杏の間)
 出演 筒井一貴 小川加恵
 お話 武久源造 梅岡俊彦
 料金  1500円
 主催 梅岡楽器サービス(目白古楽ネットワーク)
 申し込み umeoka-gakki@nifty.com
★ 1730年代バッハが初めてこの新発明の鍵盤楽器を触った時、
   どのような反応だったのかを現代の演奏家2人に再現してもらう
   というちょっと変わったレクチャー企画。当日本当に初体験という
   2人の反応が楽しみであります。お客様の試奏もOK.
9月12日(金) 
  15時  ジルバーマンピアノについてのレクチャー
  19時  ジルバーマンピアノコンサート
   出演 武久源造 筒井一貴 小川加恵 梅岡俊彦(お話)
   会場 自由学園明日館講堂
     明細は追って発表予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です