月別アーカイブ: 2015年6月

中古チェンバロの情報です

製作家の高橋靖志氏から下記のような中古チェンバロの売却情報が届きましたのでご案内いたします。


★ 中古チェンバロを売却いたします

  1段鍵盤イタリアンチェンバロ (inspired by F.A.1677)
   1997年 高橋靖志製作

    サイズ 長さ201 × 幅84 × 厚み23cm
    音域 C-d3(51鍵)  8’× 8’  A=415/440可変
    inner-outer
    c2=10 1/8 inch scale
 売却希望価格               143万円
 運送代  (現在都内で保管中)      実費
決まりました。ありがとうございました。
 (高橋靖志氏コメント)
典型的な17世紀スタイルのイタリアンとして、Frank Hubberd の本の巻末に載っているF.A.1677にインスパイアされて設計・製作しました。ただし、演奏上の便宜を考えてショートオクターブではなくクロマティックにしましたが、ショートオクターブの楽器に比べると低音弦が長いので歯切れのいい低音が得られました。
これまで山梨のコンクールで度々使っていただいたのでこの楽器をご存知の方も多いかと思います。製作から18年経って「お年頃」になりましたので、ひとり立ちさせることにしました。私のウェブサイトに製作の経緯などを載せています。
4オクターブ、インナーアウターの楽器は17世紀専用のマニアックな仕様になりますが、フレスコバルディ好きの方に使っていただければ本望です。
(楽器修理の経歴)
・2012年 back 8′ 弦張り替え
・2015年 front 8’ 弦張り替え、プレクトラムをバック、フロントとも交換、キートップ研磨、キーエンドフェルト交換、アウターケースの傷補修。イタリアンはジャックが軽いのでダンパーの効きが悪くなるのを防ぐために鉛のオモリをジャックに入れてありましたが、爪を軽くしたことでジャックが少し重く感じられたので、オモリを削ってタッチの感触を合わせました。
楽器についてのお問い合わせは下記までご連絡ください。
  梅岡(高橋氏代行)  umeoka-gakki@nifty.com
よろしくお願いいたします。
高橋靖志イタリアン150521 (9)高橋靖志イタリアン150521 (4)

[オリジナルフォルテピアノコンサート] 池袋 2015/7/20

今月は1815年6月のワーテルローの戦いからちょうど200年にあたります。ナポレオンの戦争時代に幕を下ろしたこの戦いは歴史上あまりにも有名です。オランダ人作曲家Wilmsが作曲した「ワーテルローの戦い 〜音楽的絵画〜」(ピアノソロ)など珍しい作品をお届けいたします。
戦場の情景描写であったり、軍隊マーチの模倣であったり、勝利や悲しみの感情を表したりと戦争の時代にもたくさんの音楽が残されています。同じく1815年に作曲されたシューベルトの美しい第1番のソナタを平和の象徴として、一緒にお届けいたします。
———————————————————————————————————–
東日本大震災復興支援コンサートwith明日館
「岩村かおる フォルテピアノコンサート」
ワーテルローの戦い 『音楽的情景』 〜 ナポレオンの時代のピアノ音楽〜
日時  20015年7月20日(月・祝) 7時開演(6時半開場)
会場  池袋 自由学園明日館 Room1925
料金  3000円
主催  目白古楽ネットワーク
お問い合わせとご予約
(どちらも7月16日まで受付)
プログラム
- Johann Michael Haydn (1737 – 1806)
        トルコ行進曲  (1795)
 - Ludwig van Beethoven
        ‘God save the king’ のテーマによる変奏曲 WoO 78 (1803/04)
- Johann Wilhelm Wilms (1772 – 1847)
        『ワーテルローの戦い』 Op. 43 (1815) 〜ピアノのためのある歴史の音楽的絵画 〜
-Franz Schubert (1797 – 1828)
        ピアノソナタ第1番 D.157 (1815)
ほか
使用楽器
 Johann Georg Gröber (Insbruck 1820)
   ウィーン式 6オクターブ 5本ペダル
公式HP

岩村かおる HP   http://www.kaoruplaysfortepiano.com/

      Blog  https://kaoruplaysfortepiano.wordpress.com/

 

[オリジナルチェンバロコンサート] 池袋 2105/6/25

 

 

以前にもご紹介しましたオリジナルのイタリアンチェンバロのコンサート、3ヶ月前にチケット完売していたのですが、会場変更のため座席に少し余裕ができましたので、僅か数枚ですがチケットを追加発売いたします。チケット希望の方はお早目にお申込みください。

プロジェクト「Y・UME・ARI」  ~秘密の楽園シリーズ~ 第4回

(東日本大震災復興支援コンサートwith明日館)

2015年6月25日(木) 19時開演 

  自由学園明日館 食堂  (Room1921より変更になりました)

「洋館で味わうオリジナルチェンバロの魅力」

~17世紀イタリア・フィレンツェのメディチ家からやって来た

オリジナルイタリアンチェンバロで聴くバッハまでの軌跡~

使用楽器 :Giovanni Baptista  Magnelli (Firenze 1688)

出演     有田千代子

料金  5000円 (要予約)

主催   :目白古楽ネットワーク (梅岡)

共催   :自由学園明日館 http://www.jiyu.jp/

チケット申込   :umeoka-gakki@nifty.com (梅岡)

公式HP http://www.h3.dion.ne.jp/~bergheil/clavichord/SP-rec/Y-UME-ARI.html

 [プログラム]

W.Byrd (1543-1623)Fantasia       Rowland (Lord Willoughby’s Wellcome Home)

J.P.Sweelinck (1562-1621)  Mein junges Leben hat ein End’

B.Storace(17C)     Ciaccona

G.Frescobaldi (1583-1643)  Toccata Prima        Canzon Prima

J.Bull (1562?-1628) Choromatic Pavan & Galliard (Queen Elizabeth’s)

J.J.Froberger (1616-1667)   Toccata FbWV110       Suite Meditation faite sur ma mort future – Gigue – Courante – Sarabande

J.S.Bach (1685-1750)  Toccata d-moll BWV913

コンサートの収益金から東日本大震災復興支援のための義援金として
寄付いたします。
 
  詳しくは公式HPをご覧ください。

 

 

[クラヴィコード+トラヴェルソ・リコーダーコンサート] 鎌倉 2015/6/21

6/21(日)     鎌倉音楽茶論@カフェ・サンスーシ
第1部  14:00~15:30  (開場13:30)
第2部  17:00~18:30 (開場16:30)


「バッハへ至る道」
H.シャイン   音楽の饗宴より イントラーダ
S.シャイト   イギリスの定め
H.シャイデマン  ガリアルダ
J.S.バッハ   カンツォーナ BWV588
J.S.バッハ   装いせよ、おお我が魂 BWV654
J.S.バッハ   おお神よ、汝まことなる神よ BWV767

クラヴィコード                            小島直子
フラウト・トラヴェルソ、リコーダー   森本薫

カフェ・サンスーシ  鎌倉市雪の下 3-10-23
会費 2600円
(珈琲付き、ケーキセット付き+400円 )
定員15名 要予約  (0467-23-7223)
http://sanssouci.cafe.coocan.jp/

[クラヴィコードレクチャーコンサート] 池袋 2015/6/16

古典鍵盤楽器 徒然草 参

   「クラヴィコードの魅力と実力」

6月16日(火) 19時開演(18時半開場)

自由学園明日館 Room1925  (東京都豊島区西池袋2-31-3 tel.03-3971-7535)

<出演> 筒井一貴(クラヴィコード)

<使用楽器> Alfons Huber & Albrecht Czernin 製作(2002年)

Johann Andreas STEIN (1763年/モーツァルトのための旅行用クラヴィコード)

<プログラム>

W.A.モーツァルト

「われら勝てり」による8つの変奏 K.24  12のメヌエット K.103(61d)  他

<料金>   2500円

<連絡先>  bergheil69@me.com  (筒井)

1925年フランク・ロイド・ライト建築の重要文化財「自由学園明日館」共催による古楽器による震災復興支援コンサート。素晴らしい音響の歴史的建造物で古典鍵盤楽器の演奏をお聴き頂きます。

今回は、数ある楽器の中でも世界観が極めつけに多彩な鍵盤楽器:クラヴィコードのみでの演奏会です。

現代人が日常的に強い刺激にさらされていることに異論を挟む方は少ないと思います。それはすなわち、意識的であるかどうかはともかくとして、自分の感覚にある程度フタをせざるを得ない状況ではないでしょうか。

このような現代に、クラヴィコードのような「音が極めて小さい楽器」に魅力を感じる人が少ないながらも存在すること自体が実に嬉しいことなのですが、その真価は表面的な「音の小ささ」にあるわけではございません。

クラヴィコードの「音の小ささ」は体験しなければ想像は不可能です。そしてその周りにはそれこそ一期一会、唯一無二の音楽世界が生まれます。

楽器は筒井の私物、モーツァルトが7歳のときに入手した旅行用クラヴィコードの完全コピーを用います。古いが故に実は新鮮で新しい未体験の響きを現代にお届けします。

[クラヴィコード&チェンバロ+トラヴェルソコンサート]京都 15/6/13&14

【第10回 アトリエ・ワム コンサート】

フラウト・トラヴェルソ 大嶋義美  クラヴィコード&チェンバロ 河野美砂子

(全2回公演)

◆2015年 6月 13日 (土) 午後 5 時(4時30分開場)

◆2015年 6月 14日 (日) 午後 3 時(2時30分開場)

 

★Joris Potvlieghe氏制作のクラヴィコード →   http://music.geocities.jp/misakn95/clavicordbypot1.jpeg

お披露目公演第3弾となります。

チラシ    http://music.geocities.jp/misakn95/wamcon10flyertop.jpg

チラシ裏    http://music.geocities.jp/misakn95/wamcon10flyerback.jpg

ウェブサイト    http://music.geocities.jp/misakn95/event.html

 

■演奏曲目

① テレマン 「無伴奏フルートのための12のファンタジーより」

(トラヴェルソソロ)

② C.P.E.バッハ

・〈音の肖像画〉より La Bergius  Wq.117/20

La Journalière  Wq.117/32

La Böhmer -Murky  Wq.117/26

・〈識者と愛好家のためのクラヴィア曲集〉より

「ソナタ」 Wq.55/4 より 第二楽章 Poco adagio 嬰へ短調

「ロンド Ⅲ」変ロ長調 Wq.117/26

(以上 クラヴィコード ソロ)

③ CPEバッハ 「フルートとオブリガートチェンバロのためのソナタ」ト長調 Wq.86

④ ヘンデル 「フルート通奏低音のためのソナタ」ロ短調 Op.1-9

(以上チェンバロ+フルートのデュオ)

 

■アトリエ・ワム(Atelier WAM)

・千本北大路より徒歩4分 〒603-8227 京都市北区紫野北舟岡町41

経路+地図 http://music.geocities.jp/misakn95/WAMMAP2.jpg

 

■入場料(各回) 一般 3500円   学生 3000円

■申込・問い合わせ  コンサートモーツァルト

※受け付け次第、チケット、地図詳細などをお送りします。

・電話  075-432-0117 (午前10時~午後5時・土日祝休)

・ファクス  050-1359-4384

・メール conmoz69@ybb.ne.jp

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇ 〒603-8227 京都市北区紫野北舟岡町41

phone+fax  075-431-4384

misakn95@ybb.ne.jp    河野 美砂子

ウェブサイト「紫野通信」http://music.geocities.jp/misakn95/ ◇◇◇