[クラヴィコードコンサート&イベント] 浜松 2016/8/6

オリジナルクラヴィコードのレクチャーコンサートの御案内です。

日本最大の楽器コレクションを誇る浜松楽器博物館で、博物館と日本クラヴィア協会共催による貴重な鍵盤楽器コレクションを使っての多彩なイベントを開催する事になりました。日本で唯一のオリジナルの大型クラヴィコードを使ってのレクチャーコンサートを始めチェンバロ、フォルテピアノ等の展示楽器の特別見学会等など、この日だけという各種イベントを予定しております。浜松までわざわざ足を運んで頂く価値はある特別イベントの1日ですので是非ご参加ください。

2016年8月6日(土) 浜松楽器博物館 (JR浜松駅北口より徒歩10分 駐車場あり(有料))http://www.gakkihaku.jp/

[メインイベント] 「名器リンドホルム・クラヴィコードの魅力」  クラヴィコードコンサート

18時半 開演      楽器博物館内 天空ホール

一般 2000円 学生 1000円(24歳以下の学生)

演奏  宮本とも子 (フェリス女学院音楽学部教授)

北欧ストックホルムの名工P・リンドホルムが1788年に製作した5オクターブ半(F1~c4)の大型クラヴィコードを使ってのレクチャーコンサートです。日本に数台しか無いオリジナルクラヴィコードの中でも唯一の大型楽器です。この貴重な楽器を使ってCD録音もされている宮本とも子さんの演奏とお話でオリジナルクラヴィコードの魅力を至近距離で存分にお伝えいたします。

[特別企画] 博物館展示鍵盤楽器 特別見学会

17時~17時45分  博物館展示室

参加費無料  ★日本クラヴィア協会会員 もしくは コンサート参加者に限定

博物館に展示されている貴重なオリジナル鍵盤楽器陣を専門家の解説演奏付きでご紹介していきます。チェンバロ(カークマン) スピネット(キーン) フォルテピアノ (クリストフォリ(複製) グラーフ  ワルター ブロードウッド) スクエアピアノ (ブロードウッド)等を予定。多数のオリジナル楽器を間近で堪能出来る貴重な機会です。

★参加希望者は博物館閉館時間に入口で集合してください。

[特別企画] 「クラヴィコードって何?」 レクチャーイベント

博物館内 天空ホール  13時半 14時半 15時半 各約20分

無料 (入館者なら誰でも参加出来ます)

出演  宮本とも子

クラヴィコードという楽器の魅力を演奏付きでご紹介します。チェンバロやフォルテピアノとの違いを聴き比べするため特別に2台のオリジナル楽器も登場の予定。チェンバロ   (F.マルキオーニ (フィレンツェ)1646年製) フォルテピアノ (ゲラルディ(マルマ イタリア)1812年製)も演奏いたします。 

[特別企画]  展示鍵盤楽器デモンストレーション (演奏付き楽器紹介)

博物館内 鍵盤楽器展示室  14時 15時 16時 各約20分

無料 (入館者なら誰でも参加出来ます)

演奏 岩淵恵美子(チェンバロ・フォルテピアノ奏者)

展示されている多数の鍵盤楽器陣を3回に分けて演奏付きでご紹介していきます。最近は鍵盤楽器のデモンストレーションは行っていないのでその音色を聴ける貴重な機会でもあります。

★ 午後の無料イベントに参加される方は博物館入館料は必要です。

以上、8月6日の各種イベントのご紹介でした。この日は貴重なオリジナル鍵盤楽器コレクションを存分に堪能出来る1日となるかと思います。是非昼のイベントからご参加ください。

参加御申し込み   梅岡  umeoka-gakki@nifty.com  または浜松楽器博物館まで

詳しくはこちらをご覧ください。 http://umeokagakki.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-da0f.html

浜松楽器博物館へのアクセス http://www.gakkihaku.jp/guide/access/

参考   東京~浜松    <新幹線> 片道  7770円 約90分 (こだま早割 6500円) 浜松駅最終(上り) 21時59分 <車> 東名高速 片道  5530円 (230km) 周辺駐車場あり(有料) 

★ 東京より車で移動の方で同乗者受け入れ可能な方、または同乗希望の方も梅岡までご一報ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>