月別アーカイブ: 2016年9月

[歴史的オルガンを使ったコンクール] 2017/8 オランダ

オランダのGroningen(フロ-ニンゲン)で2017年8月初めに行われる歴史的なオルガンを用いたコンクールの情報が届きました。

Dear Collegues, students!!
I,m very proud to announce the first international Prince Claus organ competition in the city of Groningen.
The competition will take place on the 3 famous Schnitger organs of the Martinikerk, Der Aa kerk and the Pelstergasthuiskerk
All information can be found on the website( see link below)
Please forward it to other interested organists!!
All the best wishes and i hope to see you next summer in Groningen!!
Erwin Wiersinga

[オリジナルオルガンレクチャーコンサート]つくば 2016/10/16

 

つくば・バッハの森にて開催のオリジナルオルガンレクチャーコンサートのご案内です。

18世紀イタリアのトスカナ地方で作られたオリジナルのオルガン(1段鍵盤+プルダウンの足鍵盤 6ストップ)を手ふいごで演奏いたします。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

 

「手ふいごで奏でる18世紀イタリアンオルガンの神秘なる響き!」

 

~ 木のぬくもりに響く300年の年月を経たオリジナルオルガンの音色 ~

 

2016年10月16日(日) 14時開演 (13時半開場)

 

 会場  つくば バッハの森  (茨城県つくば市東光台2-7-9)  http://www.bach.or.jp/

 

 駐車場有り(数限定 要予約) 交通アクセスは公式HPをご覧ください

 

 

前売  2500円   当日 3000円    限定 30名

 

 主催  バッハの森

 

 共催  日本クラヴィア協会

 

 お問合せお申込み  梅岡  umeoka-gakki@nifty.com

 

 

 情報掲載

 

出演  宮本とも子(オルガン) 望月裕央(カウンターテノール)

 

曲目

 

■ Ms.B.226,8 ピストイア18世紀 作曲者不詳 

 

   Messa in Quinto  Tuono より 第5旋法のミサ曲より 

 

  ・奉献の為のトッカータとフーガ  Per l’Offertorio  Toccata, Fuga

 

 ・聖体奉挙            Elevazione

 

  ・聖体拝領後 Post Communio

 

■ Girolamo Frescobaldi  (1583-1643) ジロラモ・フレスコバルディ

 

Toccat Quinta  (トッカータ第2巻より)トッカータ第5旋法

 

Capricccio III Sopra  Il Cucco 「カッコー」のカプリチオ

 

Toccata per l’Organo  col contrabasso overo Pedale 低音ペダル付きトッカータ

 

■ Christian Erbach  (1570-1635) クリスチアン・エアバッハ

 

 Magnificat primi toni 第1旋法のマグニフィカト (歌唱とオルガンの交唱)

 

■ Alessandro  Grandi ( ca.1575-1630) アレッサンドロ・グランディ

 

 Cantabo Domino  主に向かって歌え (カウンターテノール と オルガン)

 

■ Tarquinio Merula  (1594/95-1665) タルクィニオ・メールルラ

 

 Intonazione cromatica  del nono tono 第9旋法のイントネーション

 

■ Jakob Hassler  (1569-ca.1622) ジェイコブ・ハスラー

 

 Fantasia noni toni 第9旋法のファンタジア