[オリジナルオルガンレクチャーコンサート]つくば 2016/10/16

 

つくば・バッハの森にて開催のオリジナルオルガンレクチャーコンサートのご案内です。

18世紀イタリアのトスカナ地方で作られたオリジナルのオルガン(1段鍵盤+プルダウンの足鍵盤 6ストップ)を手ふいごで演奏いたします。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

 

「手ふいごで奏でる18世紀イタリアンオルガンの神秘なる響き!」

 

~ 木のぬくもりに響く300年の年月を経たオリジナルオルガンの音色 ~

 

2016年10月16日(日) 14時開演 (13時半開場)

 

 会場  つくば バッハの森  (茨城県つくば市東光台2-7-9)  http://www.bach.or.jp/

 

 駐車場有り(数限定 要予約) 交通アクセスは公式HPをご覧ください

 

 

前売  2500円   当日 3000円    限定 30名

 

 主催  バッハの森

 

 共催  日本クラヴィア協会

 

 お問合せお申込み  梅岡  umeoka-gakki@nifty.com

 

 

 情報掲載

 

出演  宮本とも子(オルガン) 望月裕央(カウンターテノール)

 

曲目

 

■ Ms.B.226,8 ピストイア18世紀 作曲者不詳 

 

   Messa in Quinto  Tuono より 第5旋法のミサ曲より 

 

  ・奉献の為のトッカータとフーガ  Per l’Offertorio  Toccata, Fuga

 

 ・聖体奉挙            Elevazione

 

  ・聖体拝領後 Post Communio

 

■ Girolamo Frescobaldi  (1583-1643) ジロラモ・フレスコバルディ

 

Toccat Quinta  (トッカータ第2巻より)トッカータ第5旋法

 

Capricccio III Sopra  Il Cucco 「カッコー」のカプリチオ

 

Toccata per l’Organo  col contrabasso overo Pedale 低音ペダル付きトッカータ

 

■ Christian Erbach  (1570-1635) クリスチアン・エアバッハ

 

 Magnificat primi toni 第1旋法のマグニフィカト (歌唱とオルガンの交唱)

 

■ Alessandro  Grandi ( ca.1575-1630) アレッサンドロ・グランディ

 

 Cantabo Domino  主に向かって歌え (カウンターテノール と オルガン)

 

■ Tarquinio Merula  (1594/95-1665) タルクィニオ・メールルラ

 

 Intonazione cromatica  del nono tono 第9旋法のイントネーション

 

■ Jakob Hassler  (1569-ca.1622) ジェイコブ・ハスラー

 

 Fantasia noni toni 第9旋法のファンタジア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>