カテゴリー別アーカイブ: チェンバロ

[オリジナルイタリアンを聴いて]投稿 2015/06/30

みなさま
先週木曜日に池袋の明日館で行われた「洋館で味わうオリジナルチェンバロの魅力」〜17世紀イタリア・フィレンツェのメディチ家からやって来たオリジナルイタリアンチェンバロで聴くバッハまでの軌跡〜を聴く機会がありましたので、楽器製作者の立場からレポートします。
使用楽器は Giovanni Baptista Magnelli (Firenze 1688)、当日の資料によると、メディチ家が16〜17世紀に所有していた別荘のうちの1軒に置かれていた楽器で、20世紀後半にドイツ人コレクターの手に渡り1991年に日本に運ばれたとのこと。ネームボードには、作者の名前と製作年の他に、1777年に修理を行ったことが記されています。
形式はインナー・アウター、アウターケースは1993年に日本で製作、音域はGG-c3、GG#なし53鍵、サイズは2500L. 890W. 250H. 当日のピッチは約403Hz
テール部分を継ぎ足した補修痕があり、最低音部分で大きく円弧を描くようなブリッジの痕から、オリジナルの状態からテール部分を切断して短くした後、オリジナルの状態に復元したものと思われます。スケールを確認することはできませんでしたが、音域全体でレッドブラスの弦が張られています。
音色は柔らかで甘く、まさにdolceと形容したくなるもので、一般的なイタリアンの音色のイメージ「エネルギッシュで歯切れがよく倍音の少ない太身の音」とはかなり異なるものでした。有田(正弘)さんに、このような音色を意図して修復されたのでしょうか?と質問してみましたが、他にも何台もオリジナルのイタリアンの音を聴いているが、このような傾向の音はオリジナルでは当たり前で、一般的なイタリアンの音色のイメージは先入観ではないか、とのお答えでした。
私自身は、手元にあるイタリアンを数年前から弦と爪を軽い方向へ調整してきて、イタリアンにはdolceの要素が必要との思いを強くしていたので、今回のMagnelliの音と有田さんのお話は、わが意を得たりという思いでした。この音のイメージを次にイタリアンを製作に活かすことができたらと願っています。
ヨーロッパでも近年、演奏会などでオリジナルチェンバロの音を聴く機会は少なくなっていると聞きます。まして17世紀の楽器の音を聴く機会はさらに少ないのではないかと思います。今回は、それを日本に居ながらにして聴く貴重な機会でしたので、当初の定員40人はあっという間に満席になったとのこと。会場を普段はコンサートには使用することができない食堂に変更して定員を少し増やしたそうですが、関心の高さをうかがうことができます。
歴史的チェンバロの復権から半世紀余り経って、ベンチマークとしてのオリジナルチェンバロの存在がかつてに比べると薄くなった印象のあるこの頃ですが、今回はオリジナル楽器の意義を再確認する機会ともなったと思います。このような貴重な機会を提供してくださった有田さんご夫妻と梅岡さんに感謝です。
今後もオリジナルチェンバロを使った演奏会を企画していきたいとのことですので、次回が楽しみです。
高橋 靖志(チェンバロ・クラヴィコード製作家)

 

中古チェンバロの情報です

製作家の高橋靖志氏から下記のような中古チェンバロの売却情報が届きましたのでご案内いたします。


★ 中古チェンバロを売却いたします

  1段鍵盤イタリアンチェンバロ (inspired by F.A.1677)
   1997年 高橋靖志製作

    サイズ 長さ201 × 幅84 × 厚み23cm
    音域 C-d3(51鍵)  8’× 8’  A=415/440可変
    inner-outer
    c2=10 1/8 inch scale
 売却希望価格               143万円
 運送代  (現在都内で保管中)      実費
決まりました。ありがとうございました。
 (高橋靖志氏コメント)
典型的な17世紀スタイルのイタリアンとして、Frank Hubberd の本の巻末に載っているF.A.1677にインスパイアされて設計・製作しました。ただし、演奏上の便宜を考えてショートオクターブではなくクロマティックにしましたが、ショートオクターブの楽器に比べると低音弦が長いので歯切れのいい低音が得られました。
これまで山梨のコンクールで度々使っていただいたのでこの楽器をご存知の方も多いかと思います。製作から18年経って「お年頃」になりましたので、ひとり立ちさせることにしました。私のウェブサイトに製作の経緯などを載せています。
4オクターブ、インナーアウターの楽器は17世紀専用のマニアックな仕様になりますが、フレスコバルディ好きの方に使っていただければ本望です。
(楽器修理の経歴)
・2012年 back 8′ 弦張り替え
・2015年 front 8’ 弦張り替え、プレクトラムをバック、フロントとも交換、キートップ研磨、キーエンドフェルト交換、アウターケースの傷補修。イタリアンはジャックが軽いのでダンパーの効きが悪くなるのを防ぐために鉛のオモリをジャックに入れてありましたが、爪を軽くしたことでジャックが少し重く感じられたので、オモリを削ってタッチの感触を合わせました。
楽器についてのお問い合わせは下記までご連絡ください。
  梅岡(高橋氏代行)  umeoka-gakki@nifty.com
よろしくお願いいたします。
高橋靖志イタリアン150521 (9)高橋靖志イタリアン150521 (4)

[オリジナルチェンバロコンサート] 池袋 2105/6/25

 

 

以前にもご紹介しましたオリジナルのイタリアンチェンバロのコンサート、3ヶ月前にチケット完売していたのですが、会場変更のため座席に少し余裕ができましたので、僅か数枚ですがチケットを追加発売いたします。チケット希望の方はお早目にお申込みください。

プロジェクト「Y・UME・ARI」  ~秘密の楽園シリーズ~ 第4回

(東日本大震災復興支援コンサートwith明日館)

2015年6月25日(木) 19時開演 

  自由学園明日館 食堂  (Room1921より変更になりました)

「洋館で味わうオリジナルチェンバロの魅力」

~17世紀イタリア・フィレンツェのメディチ家からやって来た

オリジナルイタリアンチェンバロで聴くバッハまでの軌跡~

使用楽器 :Giovanni Baptista  Magnelli (Firenze 1688)

出演     有田千代子

料金  5000円 (要予約)

主催   :目白古楽ネットワーク (梅岡)

共催   :自由学園明日館 http://www.jiyu.jp/

チケット申込   :umeoka-gakki@nifty.com (梅岡)

公式HP http://www.h3.dion.ne.jp/~bergheil/clavichord/SP-rec/Y-UME-ARI.html

 [プログラム]

W.Byrd (1543-1623)Fantasia       Rowland (Lord Willoughby’s Wellcome Home)

J.P.Sweelinck (1562-1621)  Mein junges Leben hat ein End’

B.Storace(17C)     Ciaccona

G.Frescobaldi (1583-1643)  Toccata Prima        Canzon Prima

J.Bull (1562?-1628) Choromatic Pavan & Galliard (Queen Elizabeth’s)

J.J.Froberger (1616-1667)   Toccata FbWV110       Suite Meditation faite sur ma mort future – Gigue – Courante – Sarabande

J.S.Bach (1685-1750)  Toccata d-moll BWV913

コンサートの収益金から東日本大震災復興支援のための義援金として
寄付いたします。
 
  詳しくは公式HPをご覧ください。

 

 

[チェンバロ入りアンサンブルコンサート] 鎌倉・逗子 2015/5/16・17

「アンサンブル・ブレッツァ  コンサート2015」
同じミドルネームを持つ作曲家、ゲオルグ・フィリップ・テレマンと、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの作品による演奏会です。J.S.バッハとテレマンは親しかったので、次男にテレマンの名前をいただいたのでしたね。二人ともハンブルグ市の音楽監督として活躍しました。

♪5/16(土)19:00開演
珈琲と音楽の店「笛」北鎌倉
♪5/17(日)15:00開演 逗子福音教会
(2日間同内容)
「二人のフィリップ」
C.P.E.バッハ カルテット a
フルートソナタ
G
ヴァイオリンソナタ h
G.P.テレマン パリ・カルテット第3番
A
ガンバソナタ a
新しいパリ・カルテット第6番
e
アンサンブル・ブレッツァ
森本 薫 ftv.
本多  洋子 vn. , va.
小澤絵里子 vdg.
小島直子
cem.
3000円 全自由席 要予約
問い合わせ先 050 – 3735 –
7083
icj25362@gmail.com 森本

[トラヴェルソ+チェンバロコンサート]鎌倉 2015/4/26

4/26(日)  鎌倉音楽茶論@カフェ・サンスーシ
「サンスーシ宮殿の音楽会11」
       鎌倉路地フェスタ参加
4月のカフェ・サンスーシでは、フリードリヒ大王と縁のあったフルート奏者、大王の招聘を断ったブラヴェと、大王の教師になったクヴァンツの作品を並べてお聴き頂きます。
第1部  14:00~15:30  (開場13:30)
第2部  17:00~18:30 (開場16:30)
「フリードリヒ大王とフルートの名手達」
   フリードリヒ大王  フルート・ソナタ
   M.ブラヴェ          フルート・ソナタ
   J.J.クヴァンツ  フルート・コンチェルト 他
フラウト・トラヴェルソ             森本薫
チェンバロ                            小島直子
カフェ・サンスーシ       鎌倉市雪の下 3-10-23
会費 2600円 (珈琲付き、ケーキセット付き+400円 )
定員15名 要予約  (0467-23-7223)

[オリジナルチェンバロコンサート] 池袋 2015/6/24

調律師の梅岡です。
今回は6月に開催が決まりましたオリジナルチェンバロが登場する
コンサートをご紹介させていただきます。
このコンサートでは1688年フィレンツェ製のオリジナルイタリアン(演奏家
所有)が約20年振りに舞台に登場いたします。
今まで海外に行くかCD録音でしか聴けなかったオリジナルチェンバロ
の珠玉の音色が歴史的洋館の一室の至近距離で聴けるという絶好の
(そして最後の?)機会となりそうです。
究極のチェンバロの音色を存分に味わいたい方は是非お聴き逃しなく!
たった40席の小さな空間での演奏となりますのでチケットご希望の方は
是非お早目にお申し込みください。
3月9日現在でもう残席は10席程度となっております。

プロジェクト「Y・UME・ARI」  ~秘密の楽園シリーズ~ 第4回

(東日本大震災復興支援コンサートwith明日館)

2015年6月25日(木)19時開演

自由学園明日館 Room1921

「洋館で味わうオリジナルチェンバロの魅力」

~17世紀イタリア・フィレンツェのメディチ家からやって来た

オリジナルイタリアンチェンバロで聴くバッハまでの軌跡~

使用楽器 :Giovanni Baptista  Magnelli (Firenze 1688)

出演     有田千代子

料金  5000円 (要予約)

主催   :目白古楽ネットワーク (梅岡)

共催   :自由学園明日館 http://www.jiyu.jp/

チケット申込   :umeoka-gakki@nifty.com (梅岡)

公式HP

http://www.h3.dion.ne.jp/~bergheil/clavichord/SP-rec/Y-UME-ARI.html

 [プログラム]

W.Byrd (1543-1623)Fantasia              Rowland (Lord Willoughby’s Wellcome Home) J.P.Sweelinck (1562-1621)  Mein junges Leben hat ein End’ B.Storace(17C)     Ciaccona G.Frescobaldi (1583-1643)  Toccata Prima                   Canzon Prima J.Bull (1562?-1628) Choromatic Pavan & Galliard (Queen Elizabeth’s) J.J.Froberger (1616-1667)   Toccata FbWV110                   Suite Meditation faite sur ma mort future – Gigue – Courante – Sarabande J.S.Bach (1685-1750)  Toccata d-moll BWV913

 

コンサートの収益金から東日本大震災復興支援のための義援金として
寄付いたします。
明日館でのプロジェクト「Y・UME・ARI」コンサートシリーズは全4回を
予定しております。
第1回 蓄音器コンサート  4月24日(金)19時  明日館Room1925
第2回 蓄音器コンサート  5月29日(金)19時  明日館Room1925
第3回 フルートデュオコンサート
                  6月5日(金) 19時  明日館食堂
第4回 チェンバロコンサート 6月25日(木)19時  明日館Room1921
  詳しくは公式HPをご覧ください。
2_2

[ヴァイオリン&チェンバロコンサート] 鎌倉 2015/03/22

♪3/22(日)  鎌倉音楽茶論@カフェ・サンスーシ
「サンスーシ宮殿の音楽会10」
第1部  14:00~15:30  (開場13:30)
第2部  17:00~18:30 (開場16:30)

今月のカフェ・サンスーシのコンサートは、ヴァイオリンの名手でありアダージョ楽章では聴く人みな涙したと伝えられる楽長ベンダの作品と、エマヌエル・バッハの大変ユニークなヴァイオリンとオブリガート・チェンバロのソナタを中心に、本多洋子さんをお迎えしてお届けいたします。

J.S.バッハ
平均律クラヴィア曲集より
F.ベンダ      ヴァイオリンソナタ イ短調
C.P.E.バッハ   プロイセンソナタ 第3番 ホ長調

C.P.E.バッハ ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ ロ短調
ヴァイオリン   本多洋子
チェンバロ      小島直子

カフェ・サンスーシ  鎌倉市雪の下 3-10-23
会費 2600円 (珈琲付き、ケーキセット付き+400円)
定員15名 要予約  (0467-23-7223)
http://sanssouci.cafe.coocan.jp/

[トラヴェルソ+チェンバロコンサート] 鎌倉 2015/2/22

鎌倉の閑静な住宅街にあるカフェ・サンスーシは、開店4周年を迎えて、コンサートも30回目になります。サンスーシ宮殿の音楽家達とも大分お馴染みになりました。
2月22日(日)
第1部  14:00~15:30  (開場13:30)
第2部  17:00~18:30  (開場16:30)
鎌倉音楽茶論@カフェ・サンスーシ
第30回 開店4周年記念
「サンスーシ宮殿の音楽会⑨」
J.J.クヴァンツ  フルートソナタ ニ長調
C.P.E.バッハ  プロイセンソナタ 第1番  ヘ長調
フリードリヒ大王  フルートソナタ イ短調
J.S.バッハ  パルティータ 第1番 変ロ長調    他
フラウト・トラヴェルソ  森本薫    チェンバロ   小島直子
カフェ・サンスーシ  鎌倉市雪の下 3-10-23
会費 2600円 (珈琲付き、ケーキセット付き+400円 )
定員15名 要予約

[チェンバロ ソロ&デュオコンサート] 新潟・三条市 2015/2/28

新潟でクラヴィコード、チェンバロの製作をしている高橋です。
私の工房近くの「諸橋轍次記念館」を会場にコンサートを続けていますが、今回は芥川直子さんとグレン・ウィルソンさんに演奏していただくことになりました。新潟はまだ雪の残る季節ですが定員80人の小さな会場ですので、お二人の熱い演奏を堪能していただけることと思います。使用楽器は高橋製作のショートオクターブのイタリアンとジャーマン1段です。

芥川直子、グレン・ウィルソン
ソロ&デュオ チェンバロコンサート
とき: 2015年2月28日(土) 14時開演
ところ: 新潟県三条市 : 漢学の里 諸橋轍次記念館

曲目)
アンドレア・アンティーコ フロットラ集より
アントニオ・デ・カベソン ティエント第4番、第5番、第6番、第7番
ジローラモ・フレスコバルディ カンツォーナ
ゲオルク・ムファット パッサカリア
ゴットリープ・ムファット 組曲イ長調 他

2000円(定員80名、要予約2/3火より受付)
予約・問合せ:
諸橋轍次記念館 0256-47-2208

[トラヴェルソ&チェンバロ コンサート] 鎌倉 2014/12/14

カフェ・サンスーシでの「サンスーシ宮殿音楽会」シリーズでは、毎回C.P.E.バッハを取り上げていますが、生誕300年の命日というメモリアルデイにオールC.P.E.バッハでお届けします。
♪  12/14(日)  鎌倉音楽茶論@カフェ・サンスーシ
第1部  14:00~15:30  (開場13:30)
第2部  17:00~18:30
(開場16:30)

「 C.P.E.バッハの世界」

変奏繰り返し付きクラヴィーアソナタ   イ短調
フルートとオブリガートチェンバロのためのソナタ  ニ長調
識者と愛好家のためのクラヴィーア曲集より  ロンド  イ長調
フルートと通奏低音のためのソナタ  ト長調
ヴュルテンべルクソナタ  第3番  ホ短調

フラウト・トラヴェルソ 森本薫
チェンバロ      小島直子

カフェ・サンスーシ  鎌倉市雪の下 3-10-23
会費 2600円 (珈琲付き、ケーキセット付き+400円 )
定員15名 要予約  (0467-23-7223)
http://sanssouci.cafe.coocan.jp/