[チェンバロ+トラヴェルソ]鎌倉 2016/3/13

 

3/13(日)  鎌倉音楽茶論@カフェ・サンスーシ
第1部  14:00~15:30  (開場13:30)
第2部  17:00~18:30  (開場16:30)
「サンスーシ宮殿の音楽12」
プロイセン国王フリードリヒ2世の離宮であったサンスーシ宮殿では、優れた音楽家が多数召し抱えられていました。フルートを愛好した大王自らも作曲を良くし、200曲以上のフルートソナタが残されています。楽長であったF.ベンダはヴァイオリンの名手でありましたが、フルートコンチェルトは隠れた名曲と言えるでしょう。
  J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集より
  フリードリヒ大王  フルートソナタ ハ長調
  F.ベンダ   フルートコンチェルト  ホ短調
  J.S.バッハ  フランス組曲第2番   ハ短調    他
フラウト・トラヴェルソ 森本薫
チェンバロ     小島直子
カフェ・サンスーシ  鎌倉市雪の下 3-10-23
会費 2600円 (珈琲付き、ケーキセット付き+400円 )
定員15名 要予約  (0467-23-7223)

 

 

[インマゼール氏マスタークラス]板橋&経堂 2016/3/19&26

2016年3月 ジョス・ファン・インマゼール氏  マスタークラス 開催

以下の内容で受講生を募集致します。

2016年3月19日(土) チェンバロ・マスタークラス

お問い合わせ:水永牧子  oldspagnoletta@yahoo.co.jp  Tel:  080-5535-0073

会場:   古楽サロン”樹”  水永牧子チェンバロ教室

板橋区南常盤台2-25(東部東上線ときわ台駅から徒歩7分)

*申し込みの方には後日地図をお送りします。

使用楽器: Keith Hill 作 タスカン・モデル 2002年製作

対象:   チェンバロの演奏経験がある方、中級以上の方(フランス組曲程度は弾けること)

受講料:  1時間の個人レッスン(サロン、楽器使用料、通訳代など込み) 2万円

*受講者を6名募集致します。

*聴講も可能 (1日2000円)  20名限定

 

2016年3月26日(土) フォルテピアノ・マスタークラス

お問い合わせ:伊藤綾子  ayako.ito13@gmail.com

Tel  :090-1999-2952

会場:  カルラホール    www.karurahall.com

世田谷区経堂3-16-12(小田急線千歳船橋駅、経堂駅より徒歩10分

使用楽器:  Felix Gross 1830年頃 ウィーンのオリジナルフォルテピアノ 6オクターブ半

対象:     フォルテピアノの演奏経験のある方、音大などでピアノを学ばれている方

受講料:    1時間の個人レッスン(ホール、楽器使用料、通訳代など込み) 2万円

*受講者を5名募集致します。

*聴講も可能(1日2000円)

 

受講時間等はお問い合わせください。

[オルガンセミナー]横浜 2016/3/24

フェリス女学院大学  バッハ・オルガンセミナー

2016年3月24日(木)     10:30-16:00   [10:00より受付開始]

フェリスホール

バッハ自身がカンタータから編曲したオルガン曲を4曲取り上げ、原曲のカンタータを考察しながら、オルガニストとバロック・ヴァイオリン奏者とのコラボレーションによる公開レッスンを行います。

○曲目

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ:『シュープラー・コラール集』より

   Johann Sebastian Bach (1685-1750): Schübler-Choräle

「目覚めよ、と我らに呼ばわる物見らの声」

   Wachet auf, ruft uns die Stimme BWV 645

「尊き御神の統べしらすままにまつろい」

   Wer nur den lieben Gott lässt walten BWV 647

「ああ、われらとともに留まりたまえ、主イエス・キリストよ」

   Ach, blieb bei uns, Herr Jesu Christ BWV 649

「イエスよ、汝いまぞ天より下りたまい」

   Kommst du nun, Jesu, vom Himmel herunter BWV 650

○講師

桐山建志 (ヴァイオリン/愛知県立芸術大学准教授・本学非常勤講師)

早島万紀子 (オルガン/新宿文化センター専属オルガニスト、本学非常勤講師)

宮本とも子 (オルガン/本学演奏学科教授)

*使用楽器:「石井記念オルガン」     Taylor & Boody Organbuilders opus 17

○聴講料:一般1,000円/卒業生・OC生500円/高校生以下、本学学生・教職員:無料

○お問い合わせ・お申込み     フェリス女学院大学 演奏委員会室

              TEL 045-681-5189         /          Email:       concert_office@ferris.ac.jp

◎交通のご案内

JR京浜東北根岸線「石川町」駅 南口より徒歩約10分/みなとみらい線「元町・中華街」駅5番出口より徒歩約10分、同6番出口より徒歩15分

主催:フェリス女学院大学音楽学部

[チェンバロ+トラヴェルソコンサート]鎌倉 2016/1/31

1/31(日)
鎌倉音楽茶論@カフェ・サンスーシ
  第1部  14:00~15:30  (開場13:30)
  第2部  17:00~18:30  (開場16:30)
サンスーシ宮殿の音楽
  フリードリヒ大王  フルートソナタ ハ長調
  F.ベンダ   フルートコンチェルト  ホ短調
  J.S.バッハ  フランス組曲第2番   ハ短調    他
フラウト・トラヴェルソ  森本薫
チェンバロ     小島直子
カフェ・サンスーシ  鎌倉市雪の下 3-10-23
会費 2600円 (珈琲付き、ケーキセット付き+400円 )
定員15名 要予約  (0467-23-7223)

[チェンバロコンサート] 江戸川区船堀 2015/12/23・27

『舟江斎サロンコンサート』のご案内を申し上げます。

「舟江斎サロンコンサート」も今回で104回を迎える事となりました。
大勢の方々に支えられ回を重ねて参りました。心より感謝申し上げます。

今回は、リクエストをいただきましたJ.S
バッハのフランス組曲をはじめ、
ウイーンで活躍した「巨匠たちの作品」をご紹介いたします。

『舟江斎サロン・コンサート』
「巨匠たちの旋律」 ー 旋律に込める巨匠たちのメッセージ ー
(メロディーって何ですか?)

チェンバロ 高橋尚子

曲目  J.S バッハ       フランス組曲    BWV815
J.Jフローベルガー    トッカータ      FbWV102
J.Jフックス        カプリッチョ    K404
ー その他 ー

日時  2015年12月23日(祝)開場pm4:00 開演pm4:30
2015年12月27日(日)開場pm4:00 開演pm4:30

会場  舟江斎(しゅうこうさい)高橋辰郎ハープシコード&クラヴィコード
東京都江戸川区船堀2-10-21

会費  3,500円(お茶菓子付き)要予約

【コンサートお問い合せ・お申し込み】はこちらから

http://form1.fc2.com/form/?id=0ae92046704839ad

舟江斎(しゅうこうさい)高橋辰郎ハープシコード&クラヴィコード
TEL/FAX 03-3687-4888(高橋)
E-Mail
shukosai@zenno.jp    http://wwwcembalo.jp

[クラヴィコードコンサート] 鎌倉 2015/11/1

11/1(日)鎌倉音楽茶論@カフェ・サンスーシ
第1部  14:00~15:30  (開場13:30)
第2部  17:00~18:30  (開場16:30)
朗読と音楽のつどい
小説の魔術師、久生十蘭の「ハムレット」
数奇な運命の物語をエリザベス朝の音楽と共にお届けします。
W.バード、G.ファーナビー、O.ギボンズの作品 他
朗読 石倉正英  クラヴィコード小島直子
カフェ・サンスーシ  鎌倉市雪の下 3-10-23
会費 2600円 (珈琲付き、ケーキセット付き+400円 )
定員15名 要予約  (0467-23-7223)

[クラヴィコード講習会&コンサート] 池袋 2015/11/18

クラヴィコード講習会&ミニコンサートの御案内
3月6月と連続開催いたしまして好評でした池袋の重要文化財の洋館
でのクラヴィコードの講習会とコンサートの第3回のご案内です。
今回は日本のクラヴィコード製作の草分けでもあり現在も充実した作品を
製作し続けておられる江戸川区のベテラン製作家の高橋辰郎氏の新作の
ブントフライ式大型クラヴィコードを使ってのコンサートと講習会となります。
「洋館でクラヴィコードを弾いてみよう Vol. 3」 公式HP
今回も国内外のクラヴィコード界で活躍されている宮本とも子さんを
お迎えして、ミニコンサートとグループレッスンを予定しております。
グループレッスンはクラヴィコードに関心ある初心者から経験者までどなたでも
参加頂けますので、この機会に歴史的洋館ならではの素晴らしい音響の空間で
是非この魅力ある楽器「クラヴィコード」の演奏を体験していただけたらと思います。
グループレッスンの受講は定員6名ですが聴講だけでも可能ですので
どうぞお申し込みください。(聴講は定員30名)
是非多くの方の参加をお待ちしております。
明日館でのクラヴィコード企画はシリーズとして連続開催の予定です。
ご協力よろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
明日館 目白古楽ネットワーク<プロジェクトKOGAKU>シリーズ
「洋館でクラヴィコードを弾いてみよう Vol.3」
  グループレッスン&ミニコンサート
    (初心者から経験者まで参加していただけます)
2015年11月18日(水) 18時半 開始  (18時開場)
   自由学園明日館 Room1925  (重要文化財)
    (池袋駅徒歩5分 目白駅徒歩7分)
    明日館HP http://www.jiyu.jp/
  講師&演奏  宮本とも子
  (フェリス女学院大学音楽学部教授 オルガン・クラヴィコード奏者)
第1部 解説付きミニコンサート
      「クラヴィコードで歌うバッハのポリフォニー」
       ~ J.S.バッハの2声3声の作品を中心に ~
第2部 クラヴィコード 公開グループレッスン  受講6名限定  聴講も可能
       参加資格   クラヴィコードに興味のあるピアノ、チェンバロ、オルガン体験者
                 ならどなたでも受講出来ます
                 (レッスンの曲は相談で決定いたします)
  使用楽器  高橋辰郎作 ブントフライ式大型クラヴィコード (FF-f3) 2015年作
料金  レッスン受講 3000円 (6名予定)
     聴講      1500円 (30名)
主催  目白古楽ネットワーク(梅岡)
後援  日本クラヴィア協会
協力  高橋辰郎ハープシコード&クラヴィコード
       http://www.cembalo.jp/top.html
申し込み・問い合わせ 梅岡 umeoka-gakki@nifty.com
「洋館でクラヴィコードを弾いてみよう Vol. 3」 公式HP

[チェンバロコンサート] 池袋 2015/10/20

珍しい初期フレンチモデルのチェンバロを使った洋館でのコンサートです。
東日本大震災復興支援コンサート with 明日館
福間彩 チェンバロコンサート

 ~17世紀チェンバロの小さな楽しみ~

日/2015年10月20日(木)19:15 (18:30開場)

場/自由学園明日館 Room1921 (池袋/目白) 料/全自由席 2,500円     (当日清算、要予約)

出/ 福間彩 (チェンバロ)

http://www010.upp.so-net.ne.jp/ki-no-utsuwa/profile/PROFILE/keyboad/ayafukuma.html

曲/L. クープラン                    プレリュードとパッサカイユ    J. J. フローベルガー         組曲ホ短調    J. C. F. フィッシャー          音楽のパルナッソスより 第9組曲 「ウラニア」    ほか

使用楽器/  初期フレンチモデル PhillipeDennis(1635-1705)のコピー   1段鍵盤 8×8f 音域 GG/HH ~ d3  製作者 アラン・アンセルム (Alain Anselm フランス) 1997年作

主催/目白古楽ネットワーク、 木の器 共催/自由学園明日館

ご予約 ・ お問い合わせ/ 木の器 TEL & FAX: 03-5352-8240        メール:  ki.no.utsuwa@gmail.com    目白古楽ネットワーク umeoka-gakki@nifty.com(梅岡)

コンサート公式HP 「木の器コンサート情報」

  http://www010.upp.so-net.ne.jp/ki-no-utsuwa/concert/Cembalo.html

日本では数少ない17世紀のフレンチモデルのチェンバロでルイ・クープランや
フローベルガーなど正にその楽器の時代の作品を演奏いたします。
17世紀のフレンチモデルは一般に出回っています18世紀フレンチモデルと
キャラクターが大きく違う事は余り知られておりません。
独特の陰陽有る音色から醸し出される音楽は17世紀フレンチでなければ
表現出来ない別世界の味わいを感じて頂けると思います。
かのレオンハルトが来日の度にリサイタルで愛用し、ケネス・ギルバートや
ロベール・コーネンなど世界のトップ奏者達が来日コンサートで演奏し、渡邊
順生氏や副嶋恭子さんのCD録音にも使用されたフランスの名工のクラヴサン
の音色を大正時代の音響素晴らしい洋館で是非ご堪能ください。
奏者の福間彩さんは甲府のチェンバロコンクールでの優勝やブルージュ古楽
コンクールでの上位入賞などを経て現在国内外で活躍中の実力派のチェン
バロ奏者であります。

[オリジナルフォルテピアノコンサート]池袋 2015/9/15

目白から音楽で支援を! 東日本大震災復興支援コンサート
(コンサートの収益から義捐金を寄付いたします)

古典鍵盤楽器 徒然草 四 〜ショパンに続く道程〜

2015年9月15日(火)19時開演(18時半開場)
池袋、 自由学園明日館​       Room1925(重要文化財)
3000円(当日精算/要予約/40名)

使用楽器:Johann Georg Gröber
(1820年ごろオリジナル)
ウィーン式フォルテピアノ
主催:目白古楽ネットワーク
共催:自由学園明日館

連絡先: bergheil69@me.com (筒井)

http://www.h3.dion.ne.jp/~bergheil/
http://bergheil.air-nifty.com/blog/

<出演>
筒井一貴(フォルテピアノ)
<プログラム>

フィールド (1782-1837)
ノクターン ヘ長調 H.40(第6番)
カルクブレンナー (1785-1849)
『お手をどうぞ”La ci darem la mano”』による幻想曲 op.33
フィールド (1782-1837)
ノクターン イ長調 H.36(第4番)
フムメル (1778-1837)
ポロネーズ『気まぐれな麗人』変ロ長調 op.55
オギニスキ (1765-1833)
ポロネーズ『さらば祖国よ』イ短調
ショパン (1810-1849)
ポロネーズ(遺作)変イ長調 B.5 / KK IVa-2 / WN3
ポロネーズ(遺作)変ロ短調 B.13 / KK IVa-5 / WN10
ポロネーズ(遺作 op.71-2)変ロ長調 B.24 / WN15
4つのマズルカ op.7

日本クラヴィア協会の皆さま
弦鳴式鍵盤楽器全般(笑)の筒井です。
ショパンと言えばプレイエルピアノ・・・というのは既に市民権を得ていますが、
ショパンはプレイエルピアノがないところで育っているのでありま〜す。

ショパンが生まれたのは1810年、そのころのポーランドにあったのは基本的に
ウィーン式のピアノです(プレイエルの初代イグナツはオーストリア出身、
ショパン同様ウィーン式ピアノで育っている、という符合も興味深し)。
ショパンの創造力の源泉としてプレイエル並みに大切なこのウィーン式のピアノを
使って、若きショパンの周りに普通にあったであろう曲の数々、そしてショパンが
ポーランド時代に作曲したポロネーズ群、ショパンがパリに居を構えてまもなく
出版したマズルカを演奏します。

ショパン以前の楽曲に「ショパンらしさ」が意外と普通に現れるのみならず、
それを当時のオリジナルピアノの音色で体験できます。

『プレイエル以前のショパン』をどうぞお楽しみください!

http://www.h3.dion.ne.jp/~bergheil/clavichord/fortepiano/Keyboard_Topics.html

 

[チェンバロ+トラヴェルソコンサート]鎌倉 2015/08/30

8/30(日)         鎌倉音楽茶論@カフェ・サンスーシ
第1部  14:00~15:30  (開場13:30)
第2部  17:00~18:30  (開場16:30)
「バロック音楽  音の風景」
J.ブル   王様の狩り
J.P.スウェーリンク  緑の木の下で
A.ヴィヴァルディ    ごしきひわ
J.S.バッハ  最愛の兄の旅立ちに寄せて   他

チェンバロ                      小島直子
フラウト・トラヴェルソ       森本薫

カフェ・サンスーシ      鎌倉市雪の下 3-10-23
会費 2600円
(珈琲付き、ケーキセット付き+400円 )
定員15名 要予約  (0467-23-7223)
http://sanssouci.cafe.coocan.jp/