日本クラヴィア協会規約

(名称)
第1条 本協会は、日本クラヴィア協会(Japan Clavier Society 略称JCS)と称する。

(目的)
第2条 本協会は、クラヴィコード、チェンバロ、フォルテピアノ、オルガンなど、歴史的鍵盤楽器に関心を持つ人々が交流し、情報および意見交換を図り、ひいては音楽文化の発展に寄与することを目的とする。

(事業)
第3条 本協会は、前条の目的を達成するために次のような事業活動を行う。
(1)公式ウェブサイトの運営
(2)メーリングリスト(以下JCSML)の運営
(3)コンサート、イヴェントの開催
(4)その他本協会の目的達成に必要と認められる事業

(会員)
第4条 本協会は前項の目的・事業に賛同する個人によって構成される。

(会費・運営費)
第5条 本協会の会費は無料とする。ウェブサイト運営等にかかる運営費はコンサート、イヴェント等の収益を充てるものとする。

(役員)
第6条 本協会に次の役員を置く。役員は無報酬とする。
代表 1名
世話人 若干名

(会議)
第7条 本協会の会議は、世話人会とし、協会の運営に関わる事項を協議する。

(役員の選任)
第8条 世話人は会員の中から選出し、世話人会の承諾を得る。代表は世話人会の互選によって選出する。

(規約の改正)
第9条 本規約の改正は世話人会の議決によって行う。

(付則)
(1)本規約に定めのない事項については、世話人会の議決により決定する。
(2)本規約は2013年6月1日より施行する。